AND

情報源はすごい

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

心理学

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月

ドメスティックバイオレンス

恋愛中はやさしかったのに・・・
結婚して一番変わった事は暴力です。

風邪にしては41度も超え、まだ子供は2歳の女の子、7ヶ月の男の子
って感じの時に、夜中、一晩中しんどかったけど、
朝目が覚めるなり、元夫の「さっさと飯作れ、子供が泣いてるぞっ」
さらによろよろやっとの思いではって台所へ行こうとすると、
「何へんなかっこうしてる、さっさとちゃんと立って歩け」・・もう
それで、とっとと食事して、「俺は仕事がある」です。

「つった魚(私の事らしい)にはえさをやらない」
「誰のおかげで飯が食えると思ってるんだ」
「おまえの謝り方はなってないんだよ、涙こぼして
手あわせてたって・・土下座しろ」
「おまえの常識は非常識だ」次々と言われ、

ラストは無抵抗なのに20発以上も殴られ、
片眼は目を開けてるのに真っ暗。失明したかと恐怖したし、
それでも、医者にはいかせないと寝室に仁王立ちで立ってる。
朝になったら死んでるかもしれないなぁ・・・と思いました。

好きな人に殺されるなら本望と思いましたが。
今は警察に行けば、暴力として夫でも訴える事が出来ますが
当時の法律では、「夫婦げんかは犬も食わない」と言う感じで、
殴られるのはこっちにも非があるのだろう・・です。

よく、酒乱となり、酒が入らなければやさしいのにというのも聞きますが、
うちは、酒が入らなくても、・・関係なかった。
逃げるにも実家がまず、いやで、そこから逃げるって感じで
結婚したので、他に帰れる家もないっ・・て感じで。
我慢・我慢の生活は神経症になりました。

喘息発作

昨日の出来事のショックなのか、夜中3時すぎに突然息が苦しくなり、
ぜーぜーとおきまりのように発作が起きた。子供の頃、喘息になり、呼吸も止まって
仮死状態、救急車の到着がおくれたら、あの世行きの経験もあり、
これくらい・・・となれっこであったが、ここ何年も大きな発作はなく、
持っているサルタノールという吸入薬も吸ってみたら、中身がないっ・・て感じで。

1時間あまり水を飲んだり、苦闘したが息が苦しくあきらめて
病院へ・・。ずっとかかってないので、
医師は問診がしつこい、なんとか座ってると横になってるより
ましだったので、答えられたが、そんなことより、早く聴診器をあて、
手当をしてほしかった。熱を測ったり、血圧測ったり、・・
酸素濃度を測って酸素が不足してる・・とやっと
吸入をしてくれた。で、持っていたサルタノールと同じ薬と
ステロイドの飲み薬が出た。一時、ステロイドは危険??じゃなかったっけと
こんなもの、飲みたくないと不安増大。不安神経症で精神安定剤もまだ
飲まされてるんだけど、と話をしたというのに。

46年生きてきて、体が健康で好きな事が出来た・・というのは
高校の3年間だけだった。何かしらの病気だ、事故だと、なんかずっと苦しみ
続けてきた。いつになったら、死なしてくれるんだろう、神様。・・・

悲しき結婚記念日

今日は離婚しなかったら、26回目の結婚記念日です。

結婚式にはこれからの何度もくる記念日を祝える、キャンドルサービスに
使用した大きなキャンドルがありました。・・・
しかし、このキャンドルに火をともしたのは何度だったでしょう・・・
現実の忙しさやいろいろに・・・記念日どころではなく・・
離婚前、まとめて十数年分を燃やそうとしました。一晩かかっても
燃やしきれず、離婚の日にはゴミに捨てました。

嫌いで別れたわけではないと、将来、歳とって
おばーさん、おじーさんになって心にもゆとりが出来たら
やり直せるかと心のすみで信じてました。
今日はそれがついに消えました。

離婚後も亡くなった義父母の墓を守ってきました。
命日には線香あげたり、子供達は○○家の子孫と血が繋がってる
んだし・・と思ってきましたが、もうやめです。

私は今度こそ、この人に縛られないで、私の人生を生きます。
二度とかかわりたくありません。(;_;)

18歳で初恋なんておそいですか

父の会社で経理事務をしつつ、代○木ゼミナール夜間へ通い、
早稲田の心理学部へ入りたいと。現実はきびしく、仕事のために
簿記の学校へ・・と言われ、予備校もいけなくなり、
大学ははるか遠く(;_;)
仕事も思いの外仕事がなく、ぎりぎりまで現金が入るか
わからない、給料もろくに上げられない中、心の勉強になるかと
母の入ってる宗教団体青年部に入る。仏教についての勉強は
自分の世界観、生き方を覆すようなものでしたが、さらに、
その中の一人に恋したのです。

「明るい社会作り運動」の委員をしてました。中卒で住み込みから
働いてたという苦労人という感じでやさしく、いい人だと思いました。
私が18、彼は22歳の誕生日前で、プレゼントに車に飾るぬいぐるみを。
お茶をおごってもらったお礼の品物でもあったんですが、
青年男女、皆がいる前で、なんでかそのままつきあってる事にされ。
ただ、やりにくいのはなかなか二人きりになれないというか。
青年部の活動が忙しく、10日もあえないとか。(^_^;)
今のように携帯電話もないので、家の人に聞かれないように
夜おそく会社の電話を使ったり。(^_^;)
なんとかデートの約束をして、るんるんで寝床へ。(^_^;)
朝・・ぎょっ・・もうすでに2時間もすぎ。彼はかんかん。・・
はじめて遅刻したのに、怒って大変。私は謝罪に自分の体。
うーん(-_-)。なんて軽率だったんでしょう。車でなんかうらぶれた
安ホテル。布団が敷いてあった。ベッドじゃない。・・

ま、そういう事で処女喪失。今は処女なんても大事にされませんよね。(^_^;)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »