AND

情報源はすごい

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

心理学

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

賞をいただきました

写真をとるのも、好き・・と前に書きましたが・・
実は地元商工会議所のデジタルフォトコンテストにこの夏、応募。050929_114701

・・はじめての応募で「浜田屋賞」というのを
いただきました。
感激。中身は・・浜田屋さんの商品券。

うれしい。花はんで食事が出来る・・
花はんのページへ

お彼岸に・・

今日は、生まれる前に亡くなった子どもの眠る墓にいく・・higanbana

祖父母の墓参りもかねて。
このお墓がなかったら、もっと早くに耐えられなくて
おかしくなっていただろう・・お墓にいってはよく泣いた。
泣ける場所がなくて、誰にも相談出来なくて、
ただ、泣きにいった・・
(;_;)というのは癒しにもなるのか、お墓で
「どうしたらいいの?おばーちゃん・・」と育ての母がわり
だった祖母を思って泣くと、涙の乾く頃は
気分も落ち着いて、よし、またがんばろう・・と家に
帰って行けるのだった。
まだ離婚してもらえず、つらい事を言われ、
悩んでいたあの頃。誰にも愚痴をこぼせず、
商売をしているので世間体も考えて、
仲のよい夫婦にまわりにはふるまっていた、あの頃・・・

写真撮るのも好き

中学の時、写真部に入って、親にはじめて
借金を申し込んで、毎月おこずかいから3年かけて返済。
一眼レフあさひペンタックスSPというのを買った。
近くの明治神宮の新嘗祭とか、新橋にD51がきて
写真を撮りに行ったり・・部活では暗室で焼き付けするのが
楽しかった。

さて。。大人になってデジカメなんぞを買い説明書を
読むのがめんどうで、なんとか撮れるかな??状態で
茅ヶ崎の浜降祭を撮って、写真コンテストなんぞに応募した。

そろそろ結果は??と見てみると掲載作品として載っていた。
皆さんの作品は力作揃い、その中にまざるのは
ちと(/ω\)ハズカシーィ ・・でもうれしい。

http://www.chigasaki-cci.or.jp/ccci01/jigyou/digiphoto2005-entry.html

ここがデジタルフォトコンテスト掲載ページ

ことばの受け取り方

不動産屋さんで見つけたちょっといい言葉・・  050916_1102010001


「あなたが空しく生きた今日は
昨日死んでいった者が
あれほど生きたいと願った明日 今という時を大切に」

確かにいい言葉だなぁ・・って思った。
だけど
空しく生きるってどういう事なんだろうか?
常に前向きで、生き生きと、・・毎日そううまく続いて
いくだろうか?

時には落ち込む事もある、時には涙する日もある
怒りにふるえる時もあるし、何もしたくない・・
それこそ空しさを感じる日もあるのだ

そんな時があるから、今日は楽しい、今日はうれしい、
今日は一日を有意義に過ごせた。と思う。

だから、落ち込む日も人生の大切なひとこまだよ・・
私はそう思う。おちるまで落ちたら、あとははい上がるだけ、
そう思って生きてきた

9・9救急の日

今日は・・救急の日です。。
なんかまんまな日な気がするけど、大事な日だね。

救急車のサイレンがなると、病人かな、事故かな・・
大変だな・・って思います。

かつて、何度も救急車のお世話になりました。
はじめての時は喘息で呼吸が一時的に止まったというか、
仮死状態におちいった10歳の時、
抗生物質を半年、飲み続け、突然、下痢が止まらず
(飲食中の人、ごめんなさーい)
夜に20回、血便まで出てきて、救急車・・が19歳。

喘息が再発したのか、やっぱり我慢重ねても
またまた呼吸が苦しくなって~・・(治ったと
思っていたので、何もなくて)が、22歳。娘を
産んだばかりでした。

3回のみならず、その後も突然けいれん・・
過呼吸というのがわからなくて、→喘息とは違う苦しさね。
とか・・いろいろな理由でお世話になりました。

救急隊員さん、あらためて、ありがとう。ほんとに何度
助けてもらったかわかりません。<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »