AND

情報源はすごい

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

心理学

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

こんなページを

ミクシーを再開して、ある方とマイミクさんになって

教えてもらったページのアドレスがあります。

ペットを飼うと癒される。。。そのペットが

亡くなると悲しみに沈んでしまうのですが、このページを読むと

ああ、そうか、虹の橋のむこうにみんないるんだなぁ~って

http://www.geocities.jp/icke_jp/niji.html

年末、ひとりで寂しさを感じる貴方に・・

年末

今年はまるで台風のような突風に雨・・と冬らしくなくて

ブログの中だけでも、雪のバージョンにしてみました。

どんぐりの家を読み終えて、感動した文章があったので

書き留めておきます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会議が開かれました。地球からはるか遠くで

”また次の赤ちゃんの誕生の時間ですよ”

天においでになる神様に向かって天使たちはいいました。

この子は特別の赤ちゃんでたくさんの愛情が必要でしょう

もしかして一人前になれないかもしれません。

だからこの子は下界で出会う人々にとくに気をつけてもらわなければならないのです。

もしかしてこの子の思う事はなかなかわかってもらえないかもしれません。

何をやってもうまくいかないかもしれません。

ですから私たちはこの子がどこに生まれるか注意深く選ばなければならないのです。

この子の生涯が幸せなものとなるように

どうぞ神様、この子のためにすばらしい両親をさがしてあげて下さい。

神様のために特別な任務をひきうけてくれるような両親を。

中略・・

柔和でおだやかなこの貴い授かりものこそ

天から授かった特別の子供なのです

(エドナ・マンミラの詩より・・・・)

新しい新年を迎えるにあたり、また多くの新しい命の

誕生する事を祈り、平和で明るい未来をと願い・・・

僕の歩く道が終わって

自閉症の青年が動物園の飼育係の仕事について061226_144202

やがて自転車のマラソン大会にまで出場する・・

フィクションだけど、感動するドラマだった。

今日は土砂降りで・・外出するのもちょっとな日だ。

以前買った「どんぐりの家」

シリーズの4、5巻がアマゾンから届いた。

これはどちらかといえば、ノンフィクション漫画コミックス

だろうか・・かなり涙ものな場面も出てくるけど読み応えはある。

ほんのちょっぴり

茅ヶ崎市社会福祉協議会から

会費協力のお礼と広報誌が届いた。

父親が認知症になり、母も歳をとり、・・・

福祉会館によらせてもらったりとかかわりのある中で

少しでも何か協力出来れば・・の気持ちばかりだったけど。

広報誌の方には障害をもつ方へのボランティアや

さまざまな活動の事などもあり、こういう場所もある事を

知ってほしいな・・と

http://homepage1.nifty.com/araress

からリンクもトップページにつけてみた。

今ここにいる幸せ

心臓を手術したばかり方に縁あってふれあった。061207_180901

30代で18時間におよぶ手術の後、

退院して全く不安になり

ひきこもりのようになってしまった・・

少しづつ、ほんとに少しづつ、外のかかわりをもって

くれたのは信仰だった・・・と。時間をかけて外に出て行った

泊まりがけででかけられるまでになった・・・とお話を聞いた。

人はいろんな縁で、何かを信じていたい、信じるよすがが

ある人はそれだけで幸せなんじゃないかな・・と思った。

み仏であったり、神様であったり、マリア様であったり、

あるいは、ふれあった人が神様のように思える出会いが

あるかもしれない。

街中がクリスマスイルミネーションに色どられている12月

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »