AND

情報源はすごい

最近のトラックバック

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

心理学

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

思い出のマンガ

古い本とかマンガの整理をしていて・・070526_120801

平成8年発行の雑誌のシリーズがあった

「いのちの器」

出産にまつわるさまざまな問題をかかえながらも

貴い命が授かるマンガです。

今やコミックスとなり40巻を越えるものだから

一生分のいろんな出来事が描かれているんだろうな・・と思います。

いろんな事件がテレビ、新聞メディアを通して流れています。

ひとりひとりの命の重さ、尊さをあらためて思わずに

いられません。

母の日のプレゼントに

娘から一冊の詩の本が届きました。Hon

「母親というものは」 という本です。

母親は子供にとって「世界」そのものです

・・・最初のページにしおりがはさんでありました。

娘が私に伝えたい文だったのか、気持ちなのか、

母の日にはちょっとおくれたけど、ありがとうの手紙もついていました。

正月にも帰省せず、東京で暮らしている娘。

便りがないのが無事な証拠と思いつつもどうしているかな・・と。

同時に自分も母の事を考えました。

若いころ、結婚したてのころ、ただ必死で当時は電話も

ない安アパートで、連絡もせず、心配させていたんだろうか。

テレビのCM、Webサイトなどで母の日のプレゼントなど盛んに

あれこれありましたが、一番うれしいのは実際に子供の顔が

見れる事とか・・せめて電話一本の声とか、物じゃないなぁ・・

皆さんは今年どんな事をしました?

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »