AND

情報源はすごい

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

心理学

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

掲示板をかえることになりました

カウンセリングヒーリングサイトの

http://homepage1.nifty.com/araress

掲示板を今までのは終了なのでかえてみました。

少し字が小さいかな・・とご指摘があったんですが、

大きさはかえられないみたいです。

いろいろストレスをため込んではき出せない思いがある人、

メールまで出すにはおよばないかな?・・こんな事聞いてもいいのかしら?

とか気軽に書いてみて下さいませ。

名前も匿名で もちろんかまわないのです。

同じ思いの人から反応があるかもしれません。

寂しさを感じてしまったら

今日も雨が降っていますね。

どうしても気持ちが沈みがちになって、

寂しいな・・・なんて感じる時、心の中を孤独の風が

吹き抜けた時こそ、自分を振り返ってみるチャンスでもあります。

これまでの人生を振り返って、

誰かに支えられ、励まされ、生きてきた

あなたがいなかったでしょうか?

人とは限りません、野に咲く花に感動したり、

生きる勇気を与えてくれた本との出会いなど、

さまざまな人・もの・自然との出会いに支えられたり

勇気づけられたり・・・・

あなたはひとりきりではありません。

祖母の命日に思い出す

母方の祖母は96歳で、天寿をまっとうした、

安らかに逝き老衰だった。

亡くなる前にたずねていった時、私の名前をはっきり呼んで、

それでも、最近はぼけちゃって、ぼけちゃって・・と言っていた。

明治生まれでいつも着物を聞いてるおばーちゃんだった。

私が小学生のころ、運動会を見に来るのが楽しみで

10月なのだが、まだ青いみかんと栗をもって毎年きてくれた。

運動会そのものは私は喘息で走るのもダメ、体育は見学ばかり

立ってるだけで貧血をおこして保健室・・というありさまで

苦手な行事だったのだが、おばーちゃんが来てくれるのが

楽しみであった。

亡くなった時はとても悲しく、私は涙したのだが、

ふと通夜の席でまわりに目をやると誰も悲しんでいない・・

むしろ、めでたい・・・と。

自分だけが感覚が違うのかと不思議な気分だった。

ほんとは悲しかったのかもしれない、でもまわりは大人で

いい歳をした年齢でもあり、にぎやかに明るくふるまうのが

故人が喜ぶことと心得ていたのかもしれない。

雨がざんざんと降っているのでちょっと今日は思い出に

ひたってみました

夏バージョンに

ずっと春の花模様だったので、

夏のイメージにかえてみました。

考えたら、湘南の海の近くに住む私には

砂浜のテンプレートはあっているかもですね。

7月に入り、何故かおくれてきた梅雨のような日も続きます。

自律神経系も湿気とともに乱れそうですね。

暑い夏ものりきっていきましょう(*^_^*)

メンタル総合コンサルタントの藤咲さんの「逆境を越えて

輝いて生きる」という文を最近読ませてもらいました。

様々な病気、母子家庭、結婚、離婚、DV、闘病・・・

私以上に波瀾万丈な人生を歩み、現在とっても幸せだと。

「人生に失敗はありません、たとえうまくいかないことがあっても

自分に納得のいく答えを見つけ、これからどうすべきか視点を変えて

考える、自分に負担にならないようにすることで楽になれた。」とあります。

大分県でご活躍されているようです。

この視点を変えてみる、納得いく答えを探すお手伝いが

カウンセラーの仕事かな・・と私も思います。

答えは自分で見いだすのですが、自分の中にある答えに

気がつかない、迷ったりとまどったり、いろんな思いがあると思います。

思いをはき出して、心を軽くしてみませんか?

どうぶつ119

このところテレビドラマばかりの話しでなんなんですが・・070607_093101

ペットに孤独を癒されたり

家族同様にかわいがっていたり、でも、

中には捨ててしまうような事があったり・・

我が家にも14歳まで生きた犬がいました。

私が高校のころ父が拾ってきた捨て犬でした。

ダンボールの箱に入っていたと。「ころ」と名付けて

母がえさをやり、散歩が父でした。私は当時犬が苦手で、

それが家の都合で私が飼うことになり、犬も歳をとり、

はじめて動物病院のお世話になりました。子宮筋腫で

手術を受け、この時、人間と同じような病気にもなるんだ・・とびっくりしたものです。

心臓も悪くなり、注射に毎日通ったりもしました。

亡くなった時一番悲しんだのは娘でした。

ペットを飼って、亡くなった時、ペットロスになってしまう事があります。

大事だった存在が目の前からいなくなるのは寂しい事なんですね。

ドラマの内容から少しそれてしまいましたが、思い出した事です。

画像は関係なく、団地に植えられている花です。

草花で気持ちがなごむ事もありますね

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »